病院 わきが治療 飲み薬

病院でのわきが治療〜飲み薬〜

病院でのわきが治療には、手術や薬物療法、ボトックス療法などいくつかの方法があります。それぞれの症状の程度や体質によって、適した治療方法や効果の程度は異なってきます。手術のように、根本的な原因を取り除く方法もありますし、薬などの服用によって、一時的に症状を抑える治療方法もあります。どのような治療が自分の症状には合っているものなのか、また、選択する際の注意点も含め考えてみましょう。

 

わきが治療に飲み薬?

わきがを根本的に直すためには、やはり外科的手術は欠かせません。しかし、軽度のわきがや、わきが手術に抵抗がある場合には、その他にもいくつかの治療や対処の方法があります。医療機関で医師の指導のもと処方される飲み薬に、保険の適用が認められているものもあります。主治医に相談してみましょう。

 

わきがの治療薬

わきがの治療薬として主に使用されているものは、抗コリン剤です。この薬は、汗の分泌を抑える働きがあるので、わきがの治療としては効果的だと考えられています。わきが以外にも、風邪や花粉症、パーキンソン病などの治療薬としても使用されています。

 

抗コリン剤の副作用

わきがの治療薬として使用されることの多い「抗コリン剤」ですが、様々な副作用が指摘されています。抗コリン剤は、風邪や花粉症の薬にも使われている成分ですが、汗を押さえるだけではなく、のどの渇きや利尿を押さえることもあります。そのため、緑内障の方や前立腺肥大症の方には使用できません。また、長期使用により、アルツハイマーや認知症の発症のリスクが高まることも指摘されています。

 

 


わきが対策【ノアンデ】 わきがの原因 わきがの対策 わきが手術のリスク わきが手術の誤解